FC2ブログ

東京の猫友のみなさんへ

2012.01.14 21:25|原発事故
東京の猫友のみなさんへ
s10-shiro3270.jpg
大手新聞に掲載されないニュース・・・・・
「政治家に言いたい。大切なのは僕たちの命ですか、お金ですか。原発は子どもにはいらない」
東京電力福島第1原発事故をきっかけに「原発のない未来」を話し合う「脱原発世界会議」(ピースボートなど主催)が14日、横浜市で始まり、約30カ国から原子力の専門家や市民活動家のほか、福島からの避難者ら約3千人が参加。開会式では、福島県郡山市から横浜に避難している小学4年富塚悠吏君(10)が「政治家に言いたい。大切なのは僕たちの命ですか、お金ですか。原発は子どもにはいらない」と訴えた。ロイター通信
s10-shiro3296.jpg
これは、不吉な予兆なのか。10日午前、東京港青海コンテナ埠頭の近くで、体長10メートルのクジラが浮いているのが発見された。海岸部ですら珍しいのに、東京湾の内側で見つかるなんて極めて異例だ。  超音波に反応するといわれるクジラは、地震前に打ち上げられることが多々ある。実際、元日の地震前後にも静岡と小田原で見つかっていた。  首都圏直撃地震の前触れなのか。調べてみると、はるか南のニュージーランド(NZ)でも異変が起きていた。6日夜には70頭ものクジラが座礁した。昨年11月16日にも61頭が座礁し死亡。その直後の18日にM6.0を含む3回の地震が発生したのだ。  実は、NZで地震が起こると、短期間で日本でも大きな地震が頻繁に起こる。  東日本大震災の発生は182人の犠牲者が出た昨年2月22日のカンタベリー地震(M6.1)の直後。6月13日にNZでM6.0を観測した直後にも23日、30日と岩手県沖と長野県中部が立て続けに揺れた。元日の鳥島近海の地震の直前、12月23日にもNZでM5.8の揺れを観測している。  地震の連動性を知ると、日本とNZで同時にクジラの座礁が見つかったのが、より不気味に思えてくる。  琉球大名誉教授の木村政昭氏(地震学)が言う。 「日本とNZの間には長大な太平洋プレートが連なり、カンタベリー地震と東日本大震災はいずれも、プレートが西側に移動して発生しています。共通の性格があって、交互のように地震が起きているのは不思議ではありません。カンタベリー地震の震源地の北や南側には、地殻のひずみが蓄積されて、近く大きな地震が起きると考えられる『空白域』があり、東日本大震災の震源地の北と南側にも空白域がある。今後も注意は必要です」  東大地震研究所の調査によると、東日本大震災の影響で、周辺の地震の発生率が震災前と比べ10倍以上に上昇した活断層が、全国で11カ所あるという。最も警戒される北伊豆断層帯に関しては、約70倍も発生率が増えている。  ただでさえ、いつ首都圏を大地震が襲ってきてもおかしくないのだ。危険の予兆を見逃してはいけない。ゲンダイネット
s10-IMG_3295.jpg
関西電力高浜原発から約20キロの京都府綾部市・上林中と上林小は、子ども一人一人に対し、居住地別に原子力災害や地震、水害時ごとの避難場所を記した災害時避難行動カードを作成し、配った。13日には同中で、カードに書かれた避難先へ正しく向かう訓練を行った。  両校校区は市の防災計画や水防計画で、災害の種別、居住地別に「高い場所」「圏外」といった条件を考慮して市内の公共施設や学校など避難先が決められている。  カードは名刺大で、子どもが在宅時でも避難先がわかりやすいよう作成。36人の生徒と39人の児童ごとに、高浜原発20キロ圏外避難所、地震一時避難場所、地震時収容避難所など6種類を記した。避難時の注意点も書いてラミネート加工し、救助を求める笛とともにひもでつないだ。  この日の訓練では、地震発生を想定した校内放送が流れ、生徒が体育館に避難した。教師たちが、地震時収容避難所のさまざまな公共施設名を書いた紙を掲げて館内に散らばると、生徒は各自の場所に集合。そこから高浜原発20キロ圏外避難所へ移動する訓練もした。京都新聞・・・こどもにこんなことをさせる前に大人は原発の廃炉に努力すべきじゃない?・・・シロ
s10-shiro3390_20120114213754.jpg
とても気になる情報・・・・但し書に本当の情報が隠されているかも・・シロ
いつもの但し書き・・・東電は、溶けた燃料が動いたり、再臨界が起きたりした可能性は低いとしている。
東京電力は13日、福島第1原発2号機の原子炉圧力容器底部近くにある温度計の一つで、数値が上昇し100度を超えたと発表した。付近の温度計は40~50度で安定しているため、計器不良とみている。  東電によると、数値が上がったのは、制御棒を動かすための装置が入った管に取り付けられた温度計。12日午後5時に48・4度だった温度が、同日午後11時に102・3度と急上昇、13日午前5時には116・4度を示した。  冷温停止状態の基準となる圧力容器底部を計測する温度計は48度台で安定。東電は、溶けた燃料が動いたり、再臨界が起きたりした可能性は低いとしている。(共同通信)
放射線拡散情報(スイス気象台)
地震情報
イタリアのトスカーナ沖で座礁した「コスタ・コンコルディア号」
コスタ コンコルディア
船が傾くと救命ボートが下ろせなくなるんだ・・・・この写真見るとよくわかる・・・・こう言う時、人間は「想定外」っていうんだろうね???・・・もう聞きあきたけれど責任ある立場の人が使ったらいけない言葉だよね・・・・シロ
コスタ コンコルディア-2
冬の海は・・・・冷たいだろうなー・・・・とっても・・・
コスタ コンコルディア-3
コスタ コンコルディア-7
同型のコスタ セレナ号・・・クロアチア Dubrovnikにておじさんが撮影・・・・シロ
costa serena-01
この時は救命ボートを遊覧船がわりに使っていたんだって・・・・・
costa serena-03
客船が大きすぎて港の景色がだいなしだったよ・・・・それで港の外で待機させられたみたい・・・・
costa serena-02
人間は自分の手に負えないものを作ってしまうんだなー・・・・この大きな観光船・・・・高層ビル・・・・・原子力発電所・・・・
次々起こる事故・・・・パンドラの箱を開けてしまったんだよ・・・・・シロ
スポンサーサイト



08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
--------------------------------------- Link --------------------------------------- ...CADWORLD... ******************************* ...古都の猫... ******************************* nekodbv6309s3.jpg ...Cat Photo... bus6686s3.jpg ...Balkan Bus Trip... bus6686s3.jpg bus6686s3.jpg bus6686s3.jpg italia-tetsudounotabi.jpg jiraimap.jpg croatia-go.jpg botan-doburovnik.jpg botan-korcula.jpg botan-budva.jpg botan-primosten.jpg botan-skodra.jpg botan-ulcinj.jpg botan-bar.jpg botan-hercegnovi.jpg botan-rovinj.jpg botan-trogir.jpg botan-split.jpg botan-piran.jpg
カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

プロフィール

cadworld

Author:cadworld
旅行が大好きで、カフェ好き、
おまけに写真も大好きなスタッフが
旅のブログを綴っていきます。
ちょっとイタリアびいきです。
旅行好きな方もそうでない方もこのブログを読んで
カフェでくつろぐように楽しめたらと思います。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード

RSSフィード

リンク