FC2ブログ

東京の猫友のみなさんへ

2012.01.13 22:05|原発事故
こんにちわ!・・・・シロです・・・今日はこんな情報が・・・・
s10-3389.jpg
広島原爆は、僅か50kgのウランが有ったに過ぎず、未反応の核物質や生成した核物質は爆発時の100万度近い高熱で大半が蒸発し、一気に成層圏に吹き上げられて世界中に拡散しました。 だから、近隣に降下した放射性物質は1gとか10gの単位です、広島の惨禍はたったそれだけの放射性物質で起こされているのです。 較べて福島は、関与する核燃料700t以上、政府発表通りの数字を基にしても、セシウム単体のみ概算しても300g程度は地表に降下しています。 さらに3・4号機の爆発映像を見直せば、炎のスペクトルから考えて、政府発表のような水素爆発では有り得ません。 核物質の放出状況には、全く闇の部分が隠されているとしか考えられません。 この様な状況では、どんな放射線障害が出てもおかしく無いし、如何に被曝を回避出来る環境を整備出来るかが大切です。 マスク着用や手洗い・うがいの励行、食品の全量検査と測定値表示などは無論のこと、生活圏の汚染マップ作成による外部被曝線量の把握も必要です。 核反応による核物質の生成比は判っているので、全ての核物質が等比で存在すると仮定して危険回避するのが正しいやり方だと思います。
s10-shiro3390.jpg
【福島原発の作業員死者】 1人目・5/14  集中廃棄物処理施設の中で配管工事や高濃度汚染水の回収処理などに当たった作業員(60)死因は心筋梗塞。 午前6時20分ころ、約50kgある鋼材の切断機を同僚と一緒に運んでいる際、体調が急変。 意識不明の重体になり死亡。 自宅は御前崎市、妻はタイ人。 http://gendai.ismedia.jp/articles/-/22858 2人目・8/16  8月上旬に7日間、休憩場を出入りする作業員の放射線の被曝(ひばく)管理していた男性、急性白血病で死亡。 被曝放射線量は累計で0.5ミリシーベルトで内部被曝はゼロ http://www.asahi.com/national/update/0830/TKY201108300454.html 3人目・10/6  8月8日から汚染水をためるためのタンク設置工事に従事していた男性作業員(50代)が作業中に倒れ死亡、死因は後腹膜膿瘍(のうよう)による敗血症ショック 被曝線量が2.02ミリシーベルト、外傷はなし。 前日午前7時ころに朝礼に向かう際、自力歩行不可能となり体調不良を訴えていた 。 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/111006/dst11100613250011-n1.htm 4人目・12/12  伊達市除染の作業をしていた男性作業員(60歳)。 12日午後1時ごろ同市霊山町下小国のモデル地区で、休憩中のトラック内で心肺停止状態で見つかり、約1時間後に病院で死亡。 原子力機構は死因を明らかにしていないが、被ばくとの関係はないとしている。 この日は午前10時から正午まで、マスクを着けて側溝の土砂を撤去していた。 http://www.jiji.com/jc/zc?k=201112/2011121200846 1/9←new!  14:22頃、福島第一原子力発電所でコンクリート打設作業を行っていた協力企業作業員1名が体調不良を訴え、治療を受けたが、心肺停止状態 。 http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/images/handouts_120109_01-j.pdf
s10-shiro3373.jpg
3年後の「ブラブラ病」、7~8年後の「白血病、がん」に注意すべき 福島原発事故の収束のメドが立たない中、7月にも、福島県民を対象にした健康調査が始まる。追跡期間は30年間という世界でも例を見ない大調査である。
s10-shiro3259.jpg
自ら情報を集め、自ら判断し、自ら行動しなければ命の危険が迫ってくる・・・・それが今の日本・・・・・シロはそう思っています・・・・

福島原発の現状(東京新聞)

福島原発4号機2012年1月9日のトラブル・・・・福島原発4号機1月9日

福島原発4号機の倒壊と東日本終了の可能性・・・・福島原発4号機
スポンサーサイト
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
--------------------------------------- Link --------------------------------------- ...CADWORLD... ******************************* ...古都の猫... ******************************* nekodbv6309s3.jpg ...Cat Photo... bus6686s3.jpg ...Balkan Bus Trip... bus6686s3.jpg bus6686s3.jpg bus6686s3.jpg italia-tetsudounotabi.jpg jiraimap.jpg croatia-go.jpg botan-doburovnik.jpg botan-korcula.jpg botan-budva.jpg botan-primosten.jpg botan-skodra.jpg botan-ulcinj.jpg botan-bar.jpg botan-hercegnovi.jpg botan-rovinj.jpg botan-trogir.jpg botan-split.jpg botan-piran.jpg
カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

プロフィール

cadworld

Author:cadworld
旅行が大好きで、カフェ好き、
おまけに写真も大好きなスタッフが
旅のブログを綴っていきます。
ちょっとイタリアびいきです。
旅行好きな方もそうでない方もこのブログを読んで
カフェでくつろぐように楽しめたらと思います。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード

RSSフィード

リンク