FC2ブログ

再臨界

2011.05.06 07:23|原発事故
2011.5.6
原子力安全・保安院は、8日、福島第一原発一号機の原子炉格納容器内の 放射線濃度が、毎時100シーベルトに上昇したことを明らかにした。
これは前日に比べて、3倍以上も高い放射線濃度にあたり、 同炉内の温度と圧力も上昇しているという。
京都大学原子炉実験所の小出裕章助教は、
● 放射濃度の急上昇に加え、原子炉の温度や圧力の急上昇していること、
● 更に塩素が中性子に反応して生まれるクロル 38という塩素が   原子炉内で発見されたことなどから、
● 炉内で再臨界が起きている可能性が高いと指摘する。
中性子は核分裂が起きたときに発生する。
臨界とは放射性ウラン燃料などが核分裂連鎖反応を起こす状態のことを言う。
「再臨界」は、臨界状態にあった原子炉が一旦停止して核分裂が止まった後、 燃料棒の露出などでウラン燃料が溶け出して、 圧力容器の下部に蓄積するなどして、 制御されない状態で核分裂連鎖反応が起きる状態を指す。
再臨界が起きると核分裂反応の制御が困難になり、 大規模なエネルギーが発生するため、 原子炉内の温度が上がり、 水蒸気爆発の可能性が高くなる。
小出氏は、
● 水蒸気爆発が発生し、圧力容器や格納容器が吹き飛び、
● 今とは桁違いの放射性物質が流出する最悪のシナリオにも   今後警戒していくべきだと述べ、
● その場合、風向き次第では東京も避難対象となる可能性にも言及している。
(最悪300km圏(※)が避難地域となる)
他の人の解説ですが・・・再臨界のこんな判りやすい解説も
そして、再臨界が起こっていたと仮定すると、 どのような厄介なことが生じるかと言いますと、 コンクリートが放射能を帯びるようになるので、 中長期的な解体目標に遅れが生じてきます。
「おいおい、コンクリートが放射能物質に 変わるなんて、どこの与太話なんだい?」 そうおっしゃるかもしれませんが、「放射化」の 一言で説明がつきます。「放射化」というのは、 放射性物質ではない物質に、中性子があたり、 放射性物質に変化する現象のこと。
コンクリートは、中性子を吸収し、放射化する 性質を持った物質。格納容器に近い部分ほど 放射能を帯びるようになり、人が放射化された コンクリートに近づけば、もちろん、被曝します。
コンクリートが放射化するのは、中性子線を 浴びた時だけで、アルファ線やベータ線など、 他の放射線を浴びても、放射化は起こりません。
よって、再臨界が起こると、中性子線が出て、 その中性子がコンクリートに当たり、放射化して 放射能を帯びるようになり、解体しようとする 作業員の健康を蝕む危険性が出てくるのです。
スポンサーサイト



テーマ:みんなに紹介したいこと
ジャンル:ブログ

04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
--------------------------------------- Link --------------------------------------- ...CADWORLD... ******************************* ...古都の猫... ******************************* nekodbv6309s3.jpg ...Cat Photo... bus6686s3.jpg ...Balkan Bus Trip... bus6686s3.jpg bus6686s3.jpg bus6686s3.jpg italia-tetsudounotabi.jpg jiraimap.jpg croatia-go.jpg botan-doburovnik.jpg botan-korcula.jpg botan-budva.jpg botan-primosten.jpg botan-skodra.jpg botan-ulcinj.jpg botan-bar.jpg botan-hercegnovi.jpg botan-rovinj.jpg botan-trogir.jpg botan-split.jpg botan-piran.jpg
カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

プロフィール

cadworld

Author:cadworld
旅行が大好きで、カフェ好き、
おまけに写真も大好きなスタッフが
旅のブログを綴っていきます。
ちょっとイタリアびいきです。
旅行好きな方もそうでない方もこのブログを読んで
カフェでくつろぐように楽しめたらと思います。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード

RSSフィード

リンク