--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.05.31 20:09|猫・京都
いよいよ梅雨ですが・・・にゃんこは今日も元気で遊びました。
ふだんは少しこわい顔つきなのですが、遊んでいる時は無邪気な表情になります。
s8-IMG_7850.jpg
s8-IMG_7854.jpg
s8-IMG_7826.jpg
s8-IMG_7847.jpg
s8-IMG_7835.jpg
スポンサーサイト

テーマ:猫の写真
ジャンル:写真

2011.05.27 16:30|猫・Dubrovnik
Dubrovnikのにゃんこです。
こんにちわ!
s8-dubrovnik-neko3776.jpg
いらっしゃい!
s8-dubrovnik-neko4341.jpg
s8-dubrovnik-neko-4268.jpg
とれたてのお魚をいただきます。
s8-dubrovnik-neko4205.jpg
こちらは「あまえたのにゃんこ」です。
s8-dubrovnik-neko-4582.jpg
s8-dubrovnik-neko-4593.jpg
s8-dubrovnik-neko-4594.jpg
s8-dubrovnik-neko-4608.jpg
クロアチアDubrovnikの旅行情報
モンテネグロの旅行情報
バルカン半島の旅行情報

テーマ:みんなに紹介したいこと
ジャンル:ブログ

2011.05.26 15:40|猫・京都
今日もにゃんこは元気です。
s8-IMG_7278.jpg
s8-IMG_7347.jpg
s8-IMG_7372.jpg

テーマ:猫の写真
ジャンル:写真

2011.05.26 05:59|原発事故
福島原発の事故は先が見えない状況ですが、今朝はフランスからこんな情報が・・・
【5月25日 AFP】
フランス放射線防護原子力安全研究所(IRSN)は23日、東京電力(TEPCO)福島第1原子力発電所の事故に関する評価を更新し、立ち入りが禁止されている原発から半径20キロ以内の警戒区域外にも放射線レベルの高い地域があり、この地域の住民約7万人も避難すべきとの見解を示した。
 これによると、福島原発の北西にあたる、住民がすでに避難した警戒区域より原発から離れた地域に、放射能レベルが1平方メートルあたり数百から数千ベクレル、さらに数百万ベクレルに達する場所があったという。
 IRSNによると「警戒区域外では最も汚染が激しい」この地域には14歳以下の子ども9500人を含む約7万人が暮らしている。ここに住み続ければ福島原発事故発生からの1年間で、フランスで原子力事故時の公衆の安全基準となっている年間10ミリシーベルトを超える放射線を浴びることになるという。年間10ミリシーベルトは、フランスで自然放射線源から浴びる放射線量の3倍にあたる。
 IRSN環境部門のトップ、ディディエ・シャンピオン(Didier Champion)氏は、年間10ミリシーベルトというのは予防的な数字で、それだけで危険な量ではないが、食物や飲料水の摂取による内部被曝は含まれていないと説明した。
 またIRSNが避難すべきだとした7万人のうち2万6000人以上は、事故後最初の1年間の被曝量が16ミリシーベルトを超える可能性があるという。
 5月15日に計画的避難が始まった福島県飯舘村と同県川俣町には、風によってこれまでに継続して高いレベルの放射能物質が流されてきているという。IRSNは、日本の公式発表および米軍による上空からの測定に基づいて評価を更新した。
(c)AFP
ドイツ気象庁の放射線拡散予想
原発情報・中部大学・武田邦彦
なお、日本各地で自治体が公表している放射能の数値は我々が生活している地上数センチから1メートルの計測値ではなく、観測地によっては10数メートルのビルの屋上などの数値で結果的に実際よりもはるかに少ない数値になっており問題。実際我々が浴びる放射能の数値を計測していないのは政府や東電が被害を極力軽く見せたい意図があると思われる。地上の土壌にある放射能の強さが我々の健康に数年後どのような影響があるか・・・が大事だと思われる。外部から浴びる放射能と口から飲食で入る内部被爆の合計が国際基準以下でないと安全ではないことに注意をしてほしい。
ガイガーカウンターで実際に計測した人の記事
東京・永田町の首相官邸のすぐ近くに、「溜池交差点」がある。この東京のど真ん中で、購入したばかりのガイガーカウンターを用い、放射線量を計測した人物がいる。国土交通省政務官の小泉俊明代議士だ。
 真新しいガイガーカウンターが示した数値は、「0・128μSv/h(マイクロシーベルト毎時)」。この結果を見て、小泉氏は目を疑った。
「私の事務所には、小さなお子さんを持つ親御さんから放射線量を心配する声が多く寄せられていました。ならばと、いつ、どこでも調査できるよう、ガイガーカウンターを買ったのです。
 地元に帰る直前の5月2日、試しに溜池交差点付近で測ったのですが、この『0・128』という数値を年間の被曝量に換算すると、1・12mSv(ミリシーベルト)となります。これは、国際放射線防護委員会の定める一般公衆の年間被曝許容限度(1mSv)を超えるものです。
 ちなみに、首都高速の『霞が関』入り口付近でも測ったのですが、やはり0・11と高かった。福島第一原発から220km以上離れた東京で、これほど高い数値が出るとは予想していませんでした」
 後日、驚きの事実が判明する。溜池交差点で計測した「0・128」という数値が、実は文部科学省の公表している「都道府県別環境放射能水準調査結果」(以下、「調査結果」)の東京都の数値の、2倍近くも高かったのだ。
 文科省は福島第一原発の事故以降、各都道府県から寄せられた数値を集計した「調査結果」をホームページで公表している。1時間ごとに数値がアップされているので、それらをパソコンでチェックすることが可能だ。
この記事の元・・・削除されるかも

テーマ:みんなに紹介したいこと
ジャンル:ブログ

2011.05.24 21:00|猫・京都
雨上がりの朝「にゃんこ」と待ち合わせをしました。
ごはんより遊ぶのが好きです。
s8-k04-04.jpg
s8-k05.jpg
ごちそうさま・・・・
s8-k06_20110524205741.jpg
はやく遊ぼうよ!

テーマ:猫の写真
ジャンル:写真

2011.05.23 17:51|未分類
航空路のお話
日本からヨーロッパへ飛ぶ場合、最短距離=燃料消費が最小と言う事で、頻繁に利用されているのがシベリアルート。
積乱雲の発生も比較的少なく、民間航空機のルートとしては最適と言えるのですが、少しばかり問題。
それは利用できる飛行高度が極めて少ないと言う事で、太平洋路線や東南アジアへの路線ではRVSM(Reduced Vertical Separation Minima)が適用されていますので、各航空機の高度差300メートル/1000フィートで飛行できるのですが、ロシアの空域における高度はフィートではなくメートルが使用されていますし、RVSMの運用も行われていませんので、適用される高度差は1000メートル/3300フィートにもなるのです。
太平洋路線などに比べても三倍近い高度差が必要になってくる訳ですね。
シベリアルートで利用できる西行き(ヨーロッパ方面)の高度は、
7200m / 23600フィート
7800m / 25600フィート
8600m / 28200フィート
9600m / 31500フィート
10600m / 34800フィート
に限定されているのですが、10600m / 34800フィートの高度は、余程乗客が少なく、機体重量が軽い時ではないと上昇する事ができません。

テーマ:みんなに紹介したいこと
ジャンル:ブログ

2011.05.23 04:09|原発事故

ドイツ気象庁の放射能拡散地図AusbreitungJapan mehrボタンをクリック
5月23日(月)
 東京電力福島第1原発が冷却機能を失ってから3時間半後には大半の燃料が溶融したとするシミュレーション結果を、3月下旬に米国の専門家が報告書にまとめていたことが分かった。東電は事故から2カ月以上たった今月15日まで、1号機のメルトダウン(炉心溶融)に否定的だった。日本の専門家からは「東電も同様の解析が可能だったはず」と批判の声が上がっている。
 シミュレーションには、米アイダホ国立研究所が開発した原発の過酷事故(シビアアクシデント)の解析ソフトが使われた。開発者のクリス・アリソン博士が3月下旬、福島第1原発事故への対応を協議していた国際原子力機関(IAEA)に報告書を提出した。
 毎日新聞が入手した報告書によると、福島第1の1~3号機とほぼ同規模のメキシコの軽水炉「ラグナベルデ原発」の基礎データを使用。原子炉を冷やす緊急炉心冷却装置(ECCS)が作動しなくなり、原子炉圧力容器への水の注入が止まると、約50分後に炉心溶融が始まった。約1時間20分後に制御棒や中性子の計測用の管などが溶け始め、溶けた燃料が圧力容器の底に落下。約3時間20分後、大半の燃料が底にたまった。約4時間20分後には、底の温度が内張りのステンレス鋼の融点とほぼ同じ1642度に達し、圧力容器を損傷させた可能性が言及されている。
 東電は、1号機の原子炉格納容器を水で満たす冠水(水棺)方式による冷却を目指していたが、メルトダウンの判明で断念した。過酷事故の解析に詳しい財団法人・エネルギー総合工学研究所(東京都港区)の内藤正則部長(原子力工学)は「東電も早期の段階で同様の解析を実施し、メルトダウンが推定できていたはずだ。冠水方式と並行して別の冷却方法の準備を進めるべきだった」と話している。

CADWORLDのホームページ

テーマ:みんなに紹介したいこと
ジャンル:ブログ

2011.05.21 21:11|原発事故
こんな記事も・・・・
4月19日、文部科学省によって、校舎・校庭を利用する際の放射線量の暫定目安「年間20ミリシーベルト」が定められた。
これに対し、「日本医師会」は5月12日、「子供に対し、国の対応はより慎重であるべきだ」として、その数値の引き下げ、つまり基準をより厳しくするよう求める見解を発表した。
そもそも文科省の基準は、国際放射線防護委員会(ICRP)が3月21日に出した「今回のような非常事態が収束した後の参考レベルとして、1~20ミリシーベルト/年の範囲で考えることも可能」という声明に基づいたものだが、文科省は1~20のうち、その最大値をとっている。
では、20ミリシーベルトと1ミリシーベルト。この2つの値には一体、どれくらいの違いがあるのだろうか。あくまで単純な計算だが、1日24時間屋外にいると仮定した場合、年間20ミリシーベルトは1時間あたりに換算すると、2.283マイクロシーベルトとなる。一方、年間1ミリシーベルトは1時間あたり0.114マイクロシーベルトとなる計算だ。
1時間あたりの全国各地の放射線量は連日、文科省が発表し、新聞にも毎日掲載されている。1時間あたり、2.283マイクロシーベルト以上となると、原発周辺の地域のみだが、0.114となると、つくばや日光も含まれてしまう(5月15日測定分)。
また、東京都内では新宿の数値が発表され、0.0632となっている(同)。0.114以下なので安心かと思いきや、実は発表されている数値にはとんでもない“誤差”があった。近畿大学原子力研究所講師・若林源一郎氏が話す。
「文科省が発表しているのは、各地の測定所から送られてくる数値を集めたもの。測定する場所に決まりはないので、測定器が公共施設や研究施設の屋上にとりつけられているところもあります」
地上から10m以上だったり、場所によっては、20m近い位置での測定値ということもあるという。
原発情報
s8-IMG_6180x.jpg
ぼくたちはどうなるの?

s8-IMG_6239x.jpg
s8-IMG_6212x.jpg

テーマ:みんなに紹介したいこと
ジャンル:ブログ

2011.05.20 23:30|自然
身近にある自然・・・・古都にて
s8-IMG_6040.jpg
ピーヒョロロと鳴いてから、お弁当に向かって突進してきたトビ
s8-10.jpg
s8-04_20110520232641.jpg
s8-02.jpg
s8-03.jpg
s8-IMG_5803.jpg
s8-IMG_6101.jpg

テーマ:みんなに紹介したいこと
ジャンル:ブログ

2011.05.20 21:04|地震
 今日入った情報
今後、福島と茨城両県沖で大規模な地震が起きる…。
そんな物騒な分析結果を米国の研究チームが発表した。
東日本大震災から2カ月を過ぎ、余震の回数も少なくなってきているが、油断は禁物、まだまだ危険というのだ。
 米国の研究チームが19日付の米科学誌サイエンスに発表したもので、過去1100年間の地震活動の記録を踏まえて分析したとしている。
 それによると、福島、茨城両県沖では1938年の地震(M8・1)以降、1年間に約8センチの地殻変動があり、73年間でプレートが約6メートル沈み込んでプレート境界でひずみが蓄積したという。
 今回、この地域で起きたM7・9の余震を考慮すると、今後起きる地震は、過去の地震よりも大きくなる可能性があると結論づけ、「今後起こり得る地滑りの範囲を見定めるため、周辺を監視することが必要だ」と警鐘を鳴らしている。
 これでいくと津波で、首都が直撃される可能性もあるが、日本の研究者はどうとらえているのか。
 「地震学の見地からすると常識的な見解ですよ」と指摘するのは地震学が専門の琉球大名誉教授、木村政昭氏。
 「2004年、インド洋スマトラ沖でM9の巨大地震が起きた後、3カ月後にM8・7の地震が発生した。先の研究はこういう例やGPSで(大陸等の動きを)観察したことなども踏まえ、結論づけている。可能性は否定できないですね」
 木村氏の研究でもエリアこそやや違うが、今後、規模の大きい地震が起きる公算は「ゼロではない」とみる。
 「今回、東北で大地震が起き、この地域のストレスがとれたとすると、次に警戒しないといけないのは、東北より北と南。私は北海道と茨城県南部、千葉県北部を注視しています。安全の常識として踏まえておくことが大切なんです」
米国の研究チームが19日付の米科学誌サイエンスに発表

テーマ:みんなに紹介したいこと
ジャンル:ブログ

2011.05.19 16:47|原発事故
今日はこんな情報が・・・・
東京都江東区亀戸の住民にはギョッとするニュースだった。
 福島原発事故の影響を調べようと、近畿大の山崎秀夫教授(環境解析学)らが、4月10~20日にかけて東京都の4地点などの土壌サンプルを採取。地表から1センチの濃度の高い部分を土壌サンプルとして調査した結果、亀戸のある地点で採取した土壌から高い数値が出たのだ。
放射性セシウムの濃度が1キロあたり3201ベクレル。これは福島市の9分の1程度だが、福島原発に近い茨城県神栖市(455ベクレル)や千葉市(358ベクレル)よりも高かったのだ。どうして、こんなことになるのか。あらためて山崎教授に聞いてみた。
「ビル風など気流の関係や地形が影響し、放射性物質が空気中で均一に飛散していないからだとみています。おそらく放射性物質の濃度の高い雲のようなかたまりが飛んでいる可能性があり、そのかたまりの飛来した地点の数値が高くなります。軽井沢でも1500ベクレルと高い数値が出ました。どんな風が吹いていたか、運によるところはある。
また今回の調査は、各地点2カ所で測っているのですが、江東区亀戸の場合、ある地点では3201ベクレルでしたが、そこから300メートル南に離れた地点では1300ベクレルでした。近い場所でも濃度が違うということは、細かくサンプルを採らないと状況がわからないということでもあり、怖い。きめ細かく測ると、もっと濃い地点はあると思います」
 福島から300キロ離れた神奈川県南足柄市のお茶の葉から、国の暫定規制値(1キロあたり500ベクレル)を超える放射性セシウムが検出され、問題になっている。やはり、こういう風の流れや雲のようなかたまりの飛来があったのだろう。
 東京都は原発事故後、土壌の分析はしていない。地表1センチのサンプルだから単純比較できないが、亀戸から出た数値3201ベクレルは、かなり危険な数値だ。石原知事はいつまでも選挙疲れ休養をしている場合じゃないだろう。
ゲンダイ 2011年5月19日 掲載
京都大学原子炉研の小出裕章先生

テーマ:みんなに紹介したいこと
ジャンル:ブログ

2011.05.19 16:28|猫・京都
こんにちわ!今日もいつものように遊びました。
s8-IMG_5949.jpg
s8-IMG_5944.jpg
s8-IMG_5929.jpg
s8-IMG_5912.jpg

テーマ:猫の写真
ジャンル:写真

2011.05.18 12:58|猫・京都
こちらのにゃんこもだいぶ慣れて遊べるようになりました。
s8-IMG_5896.jpg
s8IMG_5905.jpg
s8-IMG_5878x.jpg
s8-IMG_5889x.jpg

テーマ:猫の写真
ジャンル:写真

2011.05.16 16:44|猫・京都
こんにちわ!気持ちのいい季節になりましたね・・・・
s8-05.jpg
s8-01.jpg
s8-04.jpg

テーマ:猫の写真
ジャンル:写真

2011.05.16 06:38|原発事故
今朝の情報・・・最後の砦が危険になった???
東京電力は15日、福島第一原子力発電所3号機の原子炉で再臨界が起きないよう、原子炉の冷却水に、中性子線を吸収するホウ酸を溶かした上で、同日から原子炉への注水を始めたと発表した。
 1、2号機も今後、同じ措置を取る。
 再臨界は連続的な核分裂が再び起こる現象。1~3号機の原子炉圧力容器には当初、冷却のために海水を注入した経緯があり、東電はその塩分が中性子線を吸収すると見ていた。ホウ酸を冷却水に溶かすのは、冷却水を海水から淡水に替えて以降、塩分濃度が下がっていると見られるためだ。
 一方、3号機の圧力容器は、上端部の温度が急上昇している。東電は「注水用配管から水が漏れている可能性がある」として、12日からは別の配管を追加し、二つの配管で毎時計12トンを注水した。14日からは注水量を毎時計15トンに増やしたが、上端部の温度は15日午前5時までの24時間で46・5度上昇し、297度になった。東電は、「注水がまだうまくいっていない」と見ている。
(2011年5月15日22時02分 読売新聞)
今頃こんな発表も・・・・
東京電力は14日の記者会見で、2、3号機の原子炉について「最悪の場合、1号機と同様のケースが想定できる」と説明し、核燃料全体の溶融(メルトダウン)の可能性を初めて認めた。  1号機では、11日に水位計を調整した結果、炉内の水位が低く、燃料が冷却水から露出して溶けたことが確実となった。2、3号機の水位計はまだ調整していないが、1号機と同じ仕組みのうえ、もともと1号機より低い水位を示している。
日本政府や東電がもっと重大な情報を隠しているのではないか・・・と海外のメディアは疑っている。
文部科学省は14日、福島第一原発から29~33キロ離れた5地点の積算放射線量を発表した。
 北西に31キロ離れた地点(福島県浪江町赤宇木、計画的避難区域)で3月23日~5月13日の積算放射線量は2万9070マイクロ・シーベルト(29.07ミリ・シーベルト)となった。
20110515-積算放射能量
(2011年5月15日00時51分 読売新聞)

原発事故情報

テーマ:みんなに紹介したいこと
ジャンル:ブログ

2011.05.14 21:14|猫・京都
久しぶりにいいお天気になりました。
こんにちわ!ぼくたちも仲間に入れてください。
s8-IMG_4501.jpg
s8-IMG_4407.jpg
s8-IMG_4417.jpg

テーマ:みんなに紹介したいこと
ジャンル:ブログ

2011.05.12 22:39|原発事故
原発事故から2ケ月たって、最初からわかっていたことがボロボロ今になって報道されている。
水素爆発した日の英字新聞にはのっていた記事がなぜ今頃報道されるのか・・・・不思議な国・・・・日本
たぶんなかったことにしたい人達がよってたかってお金をばらまいて隠蔽したに違いない。
再臨界が起こっていて、想定外?の事態が突然おこる可能性がある。
プルサーマルでもっと隠しているデータがあるはずなのに都合の悪い数値は発表しないつもりらしい・・・・
【5月12日 AFP】東京電力(TEPCO)は12日、福島第1原子力発電所1号機で作業員が圧力容器内の水位計を修理した結果、冷却のため圧力容器に注入した水が漏れていることが分かったと発表した。
 水位は長さ4メートルの燃料棒の底部より下にあり、燃料全体が空気中に露出している可能性があるという。しかし、圧力容器表面の温度は100~120度前後と比較的低いことから東京電力は、燃料が溶けるか位置がずれるかして容器の底に落ち、たまっている水に漬かって冷却されているのではないか、とみている。
 国際環境保護団体グリーンピース(Greenpeace)は、これまでに発表された水位のデータのうち少なくともいくつかは全く間違っていたことになり、福島原発の状況が報じられているよりはるかに深刻なのは明らかだと指摘している。
■3号機付近からは汚染水流出
 東京電力はさらに、3号機の取水口近くのピットから放射性物質を含む水が海に流出し、近くで採取した海水から法定限度の1万8000倍のセシウム134が検出されたと発表した。ピットをコンクリートで埋めたところ、汚染水の流出は止まったという。
 枝野幸男(Yukio Edano)官房長官は12日午前の記者会見で、汚染水の流出は「大変遺憾だ」と述べ、近隣の住民や漁業関係者、近隣諸国に陳謝した。
 グリーンピースが福島第1原発から65キロ離れた場所で採取した22の海草のサンプルを調べたところ、10のサンプルから1キログラムあたり1万ベクレルを超える高い放射線を検出したという。グリーンピースは日本政府に福島県沖の海草について徹底的な放射線調査を行うよう求めている。
■神奈川県の茶葉から放射線、県が出荷自粛要請
 一方、神奈川県南足柄市で栽培された茶葉から、暫定規制値の1キログラムあたり500ベクレルを超える同570ベクレルの放射線が検出され、同県は出荷の自粛を要請した。神奈川県の担当者は、汚染源の特定には至っていないが福島原発以外の原因は想像できないと話している
2011.05.12 12:43|原発事故
今日はこういう記事が・・・・
3・11東日本大震災の発生後、東京電力や政府や原子力村の学者達は「想定外の天災による事故だった」と語った。本当だろうか。そう疑問を呈するのは、ベストセラー『がんばらない』著者で、チェルノブイリの子供たちへの医療支援にも取り組む、鎌田實氏だ。
  関東の電力を供給するのに、なぜ原発を福島に作るのか。それは事故がありうるからだろう。東京に原発を作って、ひとたび事故が起これば、首都機能は壊滅する。だから作らない。事故が起きうることは想定内なのだ。
 25年前、チェルノブイリ原発が炉心爆発を起こした。ぼくは94回医師団を送って救援しながらチェルノブイリを見てきた。今も原発から200キロも離れていて高汚染が続いている地域がある。原発の傷は想像以上に深い。
 福島原発での事故はチェルノブイリと同じレベル7になった。ということは、25年に1度、原発の大事故が起きる可能性があるということだ。日本の原発は安全と、原発を推進してきた科学者や政治家は言い続けてきた。100%大丈夫な技術などありえないはず。
 日本にあるすべての原発を調査してみるといい。外部電源と非常用電源等、原発で何か起きたときの追加電源の容量は明らかに不足している。そこらじゅうの原発で、ひとたび事故が起きれば、炉心を冷却できない恐れがある。それなのに日本の原発は安全だという神話がまかり通ってきたのである。

テーマ:みんなに紹介したいこと
ジャンル:ブログ

2011.05.11 10:40|原発事故
海外の報道 THE ECONOMIST 2011年3月31日号
真昼にも拘らず、世界最大の民営電力会社、東京電力の本部は陰気な薄暗さに包まれていた。幹部らは頭を垂れ、東電がかけた迷惑について小声で謝罪している。暗い光のいたずらで、壁に掛かっている東電のロゴは変形したミッキーマウスに見える。
そこから250キロ離れた福島第一原発では、東電の社員と下請けの作業員が、三つの破損した原子炉からの放射線漏洩を食い止めようと奮闘している。彼らの作業条件は許容しがたいほど険しく、一年間で許容されるレベル以上の放射線に数時間も晒されてしまうことがしばしばである。ビスケットと缶詰だけ食べ、一枚の毛布をかぶって床でそのまま寝るのである。中には今回の大津波で家や家族を失った者もいる。東電は彼らを兵隊と見做し、「英雄とは見ていません。彼らはただやるべくことをやっているだけです。」と言っている。
東電は今回の日本での原発事故の責任の大半を背負っている。大量の放射線汚染水の存在と海水の高い放射線汚染から見ると、事故の鎮静化は今なおかなり程遠い。ヨウ素とセシウムの放出があったことは、少なくても一機の原子炉心が放射性物質をばら撒いたことを示している。その放出を抑制するシステムがかなり損害を蒙っていることは明らかである。汚染水を収納するタンクはいずれ満杯になり、作業員たちの環境は更に危険度を増し、それによって、冷却システムの修理や重要な測定機器類の設置などは更に時間がかかるであろう。
原発の損害の度合いはあまりにも深刻で、危機がいつ収束するかは東電の幹部にも分からない有様である。放射線レベルは大体下がりつつあるが、部分的にIAEAの避難水準を越えるところもあるため、避難指定区域の拡大は必至であり、原発周辺の地区が何年間にも亘って危険状態のままにあることが懸念される。
非難の対象は事欠かない。東電はあるタービン建屋内の汚染水の放射線レベルを正常レベルの一千万倍と誤測定したが、実際は、それでも深刻な10万倍であった。下請け企業はしばしば現場の作業員たちの安全について懸念を表明している。東電が如何に準備不足であったかを示す一例に、水の被爆度を測る計器は人体の健康に脅威になり始める千ミリシベルト以上を計れないことがあげられる。
菅首相が東電本社内に危機管理マネジャー数名を押し付けたことで、東電と菅政権との摩擦が増えている。東電が原発を何とか(廃炉せずに)維持しょうとしたために、原子炉の冷却に海水の使用をためらったと政府関係者は私的に言っているが、東電はこれを否定した。しかし、菅直人は東電の津波対策を公に批判しているし、閣僚の一人の玄葉氏に至っては東電の国有化の可能性にも言及したが、もっともこの場合、地元の福島に対して補償を受けられることを保証するためであろう。他の政府関係者は国の介入について立場を明らかにしていないが、東電の株は3月11日から75%も暴落している。
外部の専門家たちによると、東電の原発建設過程での数々の不備の結果として、その理事会には原子力専門家がいなくなってしまっている。現社長の清水氏は原発事故に出くわした三人目の社長である。自身も原子力技師であったコンサルタントの大前研一氏に言わせると、「この会社は根っこまで腐っている」という。氏によると、東電は福島原発の敷地内にあまりにも沢山の使用済み核燃料を貯蔵している。一箇所に余りにも沢山の原子炉を集中させすぎている(福島第一に六機、新潟の活断層上に建てられた原発には7機も)。そして、代替の電源を用意していないことも指摘される。
しかし、問題は東電に止まらない。経済産業省は規制機関を監督し、安全問題をも担当しているが、同時に原子力産業の振興をも担っている。菅首相はこれを変えようとしているそうである。大前氏によると、大体の原子力科学者は電力会社の援助を受けており、その自主性が損なわれている。氏の言葉を借りれば、彼らは政府の安全委員会の「クリスマスツリーの飾り」に過ぎないのである。
数々の問題は互いに関連しあっている。自民党の河野太郎氏は、経済産業省と規制機関と原子力産業との「魔の三角形」を指摘している。河野氏の事務所によると、同省のエネルギー担当高官であった石田氏はそのまま東電の高級顧問に天下ったのである。河野氏はまた日本のマスコミが、高額の広告費のために、すっかり原子力産業のポケットに入ってしまっていると指摘する。
東電を専門に研究しているテンプル大学現代アジア研究所のポール・スカリス氏は、今の東電バッシングの原因の一部は、政治家、官僚と選挙民が自分を責めなくて済むためだという。日本の原子力開発は1973年のオイルショック以降に取られた国家的決定である。しかし、チェルノブイリ事故とスリーマイル島の事故以来、地元住民は「こっちに来るな」という態度に変わった。そこで、電力会社と政府は対策として税金の低減や補助やその他の優遇措置を取った結果、発展国では最も高額な電気料金となったのである。
それでも、スカリス氏によると、東電のような電力会社は地元の反対を潜り抜けて原発を建設してきた。その結果、沢山の原子炉を一箇所に集中させざるを得なかったのである。東電が使用済み核燃料を敷地内にそのまま貯蔵してきたのは、他にどこに持っていくかについての合意がなかったためである。同時に、発電能力の不足から、余剰電力の余裕はこの20年間下がり続けているのである。
地震と津波の結果、東電の発電能力の28%は閉鎖されたままである。3月30日、政府はようやく当然のことを認め、福島第一原発を永久に廃炉にする可能性を明かにした。これで、日本全国のエネルギー能力の約1.8%が失われる。また、計画ミスの典型ともいえるが、日本の配電システムは西と東とでは異なった電流で運営されてきており、互いに電力を融通することを難しくしている。火力発電施設が修復され、新しい小さなガス発電所がすばやく建設されない限り、数ヶ月、もしくは数年間ものエネルギー不足は避けられず、経済に大きな打撃を与えるであろう。
これらは東電を厳しく追及する理由になるが、この危機は又この国のエネルギー政策の失敗をも表している。料金は非常に高く、発電は政府の目標を超える温室効果を生み出しているほか、日本は使用済み核燃料の再処理によって原子力の自給自足を図るという目標を達成していない。その上、核の危機に直面している。それは東電のみならず日本全体の所為でもある。より信頼できるエネルギー戦略を求めるならば、日本国民はまず自らの全体的失敗を認めるべきである。

テーマ:みんなに紹介したいこと
ジャンル:ブログ

2011.05.08 16:14|原発事故
今日気になった記事、以下ネットに出ていた記事です。
私たちに求められているのは「御用記者」「御用学者」を識別する眼力ではないですか。
電力各社による大量の広告出稿、ここ数年多かったのは原発容認のCM、パブリシティ 大学には寄付講座という資金提供、電力各社から政府、行政、第三セクターへの出向 この際、これらを明らかにする必要があるのではないですか。

浜岡原発は2008年3月に稼働炉の耐震裕度向上工事を終了したと発表していますが、(参考:http://www.chuden.co.jp/energy/hamaoka/hama_jishin/hama_taishinkoji/index.html?cid=ul_me)、2009年の駿河湾地震(御前崎:震度6弱)では、機器に異常が現われるなど「耐震」に問題があることがはっきりしています。
1000ガルに耐えられる補強設計のはずが、なぜそれ以下で…?
防潮堤・防波堤という津波対策だけではなく、再度の地震対策が求められていると、この事故の時に認識を持つのがフツーの神経だと思いますが、そうではないようですね。
耐震強度というのは、建物が壊れなければOKではなく、その震度で建物そのもの及び建物内の設備等に一切支障がないことを示すのだと、知らなかったわけではないと思います。
実際に想定外の揺れが起きたのだから、この機会にちゃんと止めて、再確認するというのが原子力の「安全と安心」の基本であるはずです。
なお、浜岡の一般向けサイトでは、2009年の地震とその後の機器故障については、一切触れていませんでした。想定外だったから、なかったことにしていいの?
菅直人首相が浜岡原発の全面停止を要請。この背景には、東日本大震災対応の不備で失墜した菅政権の支持率回復、菅直人首相の総理の座への居座りがあると言われている。
 しかし、東海地震の震源域に建つ浜岡原発を停止すること自体は悪いことではない。
 この浜岡原発の危険性について、4月20日に青山繁晴氏は番組「アンカー」で解説。その後、TV・週刊誌が報道を激しくした経緯がある。
 NRC(アメリカ合衆国原子力規制委員会)高級幹部が日本政府に言ったのは「もはや福島じゃない」。浜岡原発で原発事故が起きた場合、東京壊滅、首都圏壊滅の事態に陥る。
 私たちは浜岡原発の危険性について、しっかりと考える必要があるのではないだろうか。福島第一原発事故の轍を踏んではならないと思うのだが・・・

テーマ:みんなに紹介したいこと
ジャンル:ブログ

2011.05.08 15:54|猫・京都
今日はいきおいで木に登ってしまいました。
s10-IMG_5687.jpg
s10-IMG_5690.jpg
なかよくお食事
s8-IMG_3818.jpg
s8-IMG_3878.jpg
ごちそうさま・・・・

テーマ:みんなに紹介したいこと
ジャンル:ブログ

2011.05.08 08:42|猫・京都
こんにちわ!仲間を紹介します。みんな毛並みがいいです。
毎日ごちそうを持ってきてくれて、ありがとう・・・・
それといつもかわいがってもらって「しあわせ」です。
s8-IMG_3725.jpg

s8-IMG_3740.jpg
s8-IMG_3788.jpg

テーマ:みんなに紹介したいこと
ジャンル:ブログ

2011.05.06 20:54|原発事故
政府は6日、中部電力に対し、静岡県の浜岡原子力発電所のすべての原子炉を停止するよう要請したと発表した。
 浜岡原発では、現在、4号機と5号機が運転中。菅直人首相は記者会見で、国民の「安全と安心を考えた」措置であるとし、万一、同原発で事故が起きた場合の甚大な影響を考慮したと述べた。
 首相は、文部科学省・地震調査研究推進本部によると、今後30年以内にマグニチュード8程度の東海地震が発生する可能性は87%と切迫した状態にあるとしたうえで、防潮堤の設置など中長期の対策を実施することが必要であると語った。
 また、浜岡原発を停止した場合の電力供給への影響については、「支障が生じないよう、政府として最大限の対策を講じていく」としたほか、電力不足のリスクは「全国民の省電力、省エネルギーの工夫」によって乗り越えていけると述べた。
af4a5a92-s.jpg
浜岡原発は、今後想定される東海地震の震源域のまっただ中にある。中部電は、東海、東南海、南海地震が連動した場合、8.3メートルの津波が襲うと想定し、対策を進めてきた。福島第1原発の事故後に出た国の指示にもいち早く応じ、自主的に高さ12メートル以上の防波壁を数年かけて建設することを決定。安全対策費は300億円だ。
 しかし、神戸大の石橋克彦名誉教授(地震学)は「東海地震が起これば原発付近は1~2メートル隆起して、敷地全体がでこぼこになる可能性がある」と指摘。「浜岡原発は国内で最も危険な原発の一つ。将来的にはすべて廃止するべきだ」と訴える。
 こうしたプレート境界型地震の研究が始まったのは、浜岡原発設置が決まった1970年前後だが、当時の国の安全審査でこうした知見は採用されず、大地震や津波はまさに想定外。新たな対策を繰り返したが、立地条件のはらむ危険性は解消しきれていない。
浜岡原発が事故を起こした場合、風下になる東京は放射能汚染地域になり、都民は被爆する恐れがある。

テーマ:みんなに紹介したいこと
ジャンル:ブログ

2011.05.06 07:23|原発事故
2011.5.6
原子力安全・保安院は、8日、福島第一原発一号機の原子炉格納容器内の 放射線濃度が、毎時100シーベルトに上昇したことを明らかにした。
これは前日に比べて、3倍以上も高い放射線濃度にあたり、 同炉内の温度と圧力も上昇しているという。
京都大学原子炉実験所の小出裕章助教は、
● 放射濃度の急上昇に加え、原子炉の温度や圧力の急上昇していること、
● 更に塩素が中性子に反応して生まれるクロル 38という塩素が   原子炉内で発見されたことなどから、
● 炉内で再臨界が起きている可能性が高いと指摘する。
中性子は核分裂が起きたときに発生する。
臨界とは放射性ウラン燃料などが核分裂連鎖反応を起こす状態のことを言う。
「再臨界」は、臨界状態にあった原子炉が一旦停止して核分裂が止まった後、 燃料棒の露出などでウラン燃料が溶け出して、 圧力容器の下部に蓄積するなどして、 制御されない状態で核分裂連鎖反応が起きる状態を指す。
再臨界が起きると核分裂反応の制御が困難になり、 大規模なエネルギーが発生するため、 原子炉内の温度が上がり、 水蒸気爆発の可能性が高くなる。
小出氏は、
● 水蒸気爆発が発生し、圧力容器や格納容器が吹き飛び、
● 今とは桁違いの放射性物質が流出する最悪のシナリオにも   今後警戒していくべきだと述べ、
● その場合、風向き次第では東京も避難対象となる可能性にも言及している。
(最悪300km圏(※)が避難地域となる)
他の人の解説ですが・・・再臨界のこんな判りやすい解説も
そして、再臨界が起こっていたと仮定すると、 どのような厄介なことが生じるかと言いますと、 コンクリートが放射能を帯びるようになるので、 中長期的な解体目標に遅れが生じてきます。
「おいおい、コンクリートが放射能物質に 変わるなんて、どこの与太話なんだい?」 そうおっしゃるかもしれませんが、「放射化」の 一言で説明がつきます。「放射化」というのは、 放射性物質ではない物質に、中性子があたり、 放射性物質に変化する現象のこと。
コンクリートは、中性子を吸収し、放射化する 性質を持った物質。格納容器に近い部分ほど 放射能を帯びるようになり、人が放射化された コンクリートに近づけば、もちろん、被曝します。
コンクリートが放射化するのは、中性子線を 浴びた時だけで、アルファ線やベータ線など、 他の放射線を浴びても、放射化は起こりません。
よって、再臨界が起こると、中性子線が出て、 その中性子がコンクリートに当たり、放射化して 放射能を帯びるようになり、解体しようとする 作業員の健康を蝕む危険性が出てくるのです。

テーマ:みんなに紹介したいこと
ジャンル:ブログ

2011.05.04 22:40|地震
2011.5.4 今日入った情報
東京大学地震研究所・纐纈教授
「今回の大地震の震源域の南にある房総半島沖を震源とした大地震が起こる可能性がある」
東京大学地震研究所・大木助教
「今回の地震は同じプレート内で起こっているんです。最初の震源地から北へ、南へとドミノ倒しのように広がったんです。
房総沖はいま、その倒れてきたドミノを頑張って支えている状態で、いつ倒 れてもおかしくない。だから房総沖に大きな地震が起こっても不思議ではないんです」
京都大学・川崎名誉教授
「(房総沖地震の)可能性はあると思います。スマトラの地震のときも、3か月後に震源の東側の近い場所でマグニチュード8.7の地震が起こっています。房総沖は北にある今回の震源域と同じプレートにありますからね。それと同じようなことが起こるかもしれないんです」  
2004年12月 スマトラ島沖(スマトラ島北部沖~アンダマン諸島)地震
     ↓
2005年3月 ニアス島沖(スマトラ島中部沖)地震
1944年12月 昭和東南海地震
     ↓
1946年12月 昭和南海地震
1854年12月 安政東海地震
     ↓
  32時間後 安政南海地震
 

テーマ:みんなに紹介したいこと
ジャンル:ブログ

2011.05.01 23:52|原発事故
毎日新聞の報道 5月1日
福島第1原発事故で、東京電力が1号機で実施中の原子炉格納容器を水で満たして燃料を冷やす「水棺」作業が難航している
既に格納容器が満たされる量を超える注水をしたが、実際には水位の上昇が確認できていない。
一方、水位を上昇させるため注水量を増やしたところ、容器内の圧力が低下。
水素爆発の危険性がある」として注水量を元に戻さざるを得なくなっており、対応に苦慮している。
 東電は1日の会見で、水棺作業のために続けている原子炉圧力容器への注水量を4月29日に毎時10トンから同6トンに戻したと発表した。その結果、低下を続けていた格納容器の圧力が約1.4気圧に上昇し、27日午前に同10トンに増やした時点とほぼ同じ水準に戻ったという。
 注水量を戻したのは、格納容器内の圧力が低下して大気圧に近づき、外部から容器内に酸素が入る可能性があったためだ。酸素は容器内の水素と反応し、爆発する恐れが出てくる。このため注水量を減らして圧力を上げ、酸素が入らないようにする必要があった。
 注水量を増やしていた間、圧力容器内の水位は燃料の上部が水面を約1・6メートル上回ったままで、ほとんど変化がなかった。一方、格納容器には、圧力容器に注いだ水が漏れるなどして推定約6メートルの水がたまっていたとみられていたが、現在の水位はよく分からないという。
 これまでの注水量は、水棺に必要な約7400トンを超え、本来なら圧力容器内の水位も大幅に上昇しているはずだ。東電は「水位が上がらない理由が分からない。冷却効果としては、毎時6トンの注水量で十分と判断しており、しばらくこのまま注水したい」と説明している。
 一方、東電は1日、6号機のタービン建屋にあるたまり水約120トンを、ポンプを使って近くに設置した仮設タンクに移送したと発表した。たまり水の水位は約2メートルで約4900トンあり、含まれる放射性物質は比較的、低濃度という。残りは順次、設置する仮設タンクに移す方針。

テーマ:みんなに紹介したいこと
ジャンル:ブログ

2011.05.01 20:19|原発事故
今日はこんな情報が・・・・
◆2011/04/30(土) もっとサバイバル (6)
みなさん、こんにちは。 いよいよ、東京最後の日。そして日本最後の日まで秒読み開始。
10、9、8、7、6、5、4、3、2、1、?
福島第一原発1号機の格納容器内圧力が、大気圧以下への秒読み開始段階のようである。
突然ですが,警戒警報 を出します.(情報拡散も!)
警戒すべきは,東電・福島の1号機. 現在,水素爆発する寸前!という状態です.
つまり,原子炉内,格納容器の圧力が下がって来ているのです.
  27日午後4時  0.14メガパスカル   28日午前5時  0.125メガパスカル   29日午後1時  0.105メガパスカル
0.1013メガパスカル(大気圧)以下になると,水素爆発を起こすと思って下さい.
つまり,格納容器の圧力が大気圧より下がると,酸素を含む空気が格納容器内に 入り込んで,水素爆発が起きます.
もし今回,水素爆発が発生すると,関東・東北は再度,放射能で汚染されます.
また.1号機の水素爆発で,2号機,3号機,4号機の爆発が誘発されます. そうなると,関東・東北は最悪の状態になります.
この連休中は,浮かれないで,厳重に注意して下さい.
さいわい,1号機の水素爆発の心配が解消すれば,警戒を解けばいい. 用心深い,賢明な生き方(=サバイバル)とは,そういうものです.
元の情報

テーマ:みんなに紹介したいこと
ジャンル:ブログ

04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
--------------------------------------- Link --------------------------------------- ...CADWORLD... ******************************* ...古都の猫... ******************************* nekodbv6309s3.jpg ...Cat Photo... bus6686s3.jpg ...Balkan Bus Trip... bus6686s3.jpg bus6686s3.jpg bus6686s3.jpg italia-tetsudounotabi.jpg jiraimap.jpg croatia-go.jpg botan-doburovnik.jpg botan-korcula.jpg botan-budva.jpg botan-primosten.jpg botan-skodra.jpg botan-ulcinj.jpg botan-bar.jpg botan-hercegnovi.jpg botan-rovinj.jpg botan-trogir.jpg botan-split.jpg botan-piran.jpg
カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

プロフィール

cadworld

Author:cadworld
旅行が大好きで、カフェ好き、
おまけに写真も大好きなスタッフが
旅のブログを綴っていきます。
ちょっとイタリアびいきです。
旅行好きな方もそうでない方もこのブログを読んで
カフェでくつろぐように楽しめたらと思います。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。