FC2ブログ
2011.04.01 08:48|原発事故
2011.4.1 07:10
 深刻な状況が続く東京電力福島第1原子力発電所の1~3号機で、放射性物質(放射能)を閉じ込める最も頑丈な要の「原子炉圧力容器」が損傷し、高濃度の汚染水が漏出している可能性が高まっている。これで「5重の壁」と呼ばれる防護がすべて破られ、原発の安全性と信頼性も根底から崩れた。大量の汚染水の排出・回収に加え、安定化のカギとなる冷却機能の復旧に重大な障害となるのは避けられない。
大量の汚染水
 「たまり水の放射性ヨウ素の濃度からみれば、原子炉(圧力容器)内から漏れているとしか考えられず、原子炉が何らかの損傷を受けているはずだ」
 九州大の工藤和彦特任教授(原子炉工学)は、圧力容器内の気圧が1気圧程度で推移しているデータも挙げ、気密性を失っていると指摘する。
 これまで放射能漏れについて、圧力容器内の圧力上昇を防ぐため、外側の格納容器内に放射性物質を含む蒸気を放出。蒸気の状態や冷やされて水に戻った状態で、格納容器の外部に漏出したとの見方が強かった。
 しかし、大量の汚染水の存在で、水が直接漏れ出していると考えざるを得なくなり、原子力安全委員会も「程度は違うが、1~3号機(の圧力容器)が損傷している」との見解に転じた。
 ではどこが損傷しているのか。
元IAEA(国際原子力機関)事務次長の町末男氏は、「下から制御棒を挿入する部分の溶接に、地震の揺れでひび割れが発生した可能性がある」と推定する。
 東京電力によると、震災時の揺れは、データのある3号機で耐震設計の想定を15%上回った。
 この揺れでひびが入り、その後の余震や高熱の燃料棒の影響で広がった可能性がある。
修復は不可能
 一方、「全炉心溶融」(メルトダウン)で溶け落ちた燃料棒の熱で原子炉に穴が開いた可能性について、経済産業省原子力安全・保安院は「圧力が保たれており、あり得ない」と否定する。
 だが事態は深刻だ。
高濃度の水と強い放射線量で修復はほぼ不可能。
圧力容器への冷却水の注入を続ける限り、汚染水は増え続ける。
 水を循環させる抜本的な冷却システムを復旧させても、損傷度合いによっては容器内を水で満たすことができない恐れがある。
最後の砦まで
 原発は、「5重の壁」による放射能の閉じ込め機能を安全の大前提としてきた。だが、内側のウラン燃料を閉じ込めるペレットとそれを覆う被覆管は、水による冷却機能の喪失で一部溶融。外側の建屋は水素爆発などで吹き飛んだ。格納容器も、それにつながる圧力抑制室や配管が損傷したとみられる。
 圧力容器は厚さ16センチの鋼鉄製で1200度までの高熱に耐えられる最後の砦(とりで)。その損傷はこれまでの原子力政策が根底から崩れ、信頼回復がさらに遠のいたことを意味する。
スポンサーサイト

テーマ:みんなに紹介したいこと
ジャンル:ブログ

2011.04.01 08:26|原発事故
2011.4.1 08:04
東日本大震災に伴う福島第1原発事故の深刻化を受けて、米軍から派遣される「化学・生物兵器事態対応部隊(CBIRF=シーバーフ)」は、米本土での核・生物・化学テロなどを想定して訓練を積んできた。米国内でも厚いベールに包まれてきた部隊が日本で起きた未曽有の原発事故という“有事”にいかに能力を発揮するか注目されている。(田中靖人、ワシントン 佐々木類)
                    ◇  シーバーフは平成7(1995)年の地下鉄サリン事件を受けて1996年4月に設置された米軍で唯一常設の化学・生物兵器事態への即応能力を持つ約500人の部隊だ。
 現在は、2001年の米中枢同時テロを受けて米本土防衛を主任務に創設された米北方軍(コロラド州)傘下の特殊部隊「CCMRF(シースマーフ)」に所属している。  シースマーフは、陸、海、空、海兵隊の4軍で構成された1個旅団規模の統合特殊部隊(約4700人)。バージニア州フォートモンローの米陸軍基地などで、核攻撃や原発へのテロ攻撃、生物、化学兵器テロや原発事故などを想定した訓練を続けている。
 具体的には、被災地の自治体や民間の病院などと連携しながら、高濃度汚染地域からの被災者の救出・搬送、汚染源の特定と汚染濃度の観測、要員・部隊の除染などに従事する。がれきの除去や移動経路の建設、物資輸送など被災地の復旧活動も担う。
 有事の際にシースマーフの初動部隊として出動するシーバーフは2個の初期対応部隊で構成され、各部隊には偵察チーム、被災者捜索・救出チーム、医療チーム、除染チーム、爆発物処理チームがある。今回日本に約140人が派遣されるが、実際の放射能汚染下での行動は初めてとみられ、現在、自衛隊との具体的な連携方法を詰めている。

テーマ:みんなに紹介したいこと
ジャンル:ブログ

2011.04.01 08:21|原発事故
2011.4.1 07:18
国際原子力機関(IAEA)は3月31日、福島第1原発の北西約40キロにある避難区域外の福島県飯舘村の土壌からIAEAの避難基準を上回る値が検出されたとした放射性物質は、半減期の短いヨウ素131で測定値は1平方メートル当たり約2千万ベクレルだったと修正した。
 IAEA当局者は30日の記者会見で、約200万ベクレルとしていた。数字を取り違えたとみられる。
 測定日は3月後半で、ヨウ素131の半減期は約8日。当局者は「検出された値は限られた試料に基づいた初期評価で、追加調査が必要」と話している。
 一方、日本の原子力安全委員会は31日、国内では土壌でなく空間放射線量を指標にしていると説明。原発から半径20キロを「避難」、20~30キロを「屋内退避」とした設定は妥当で、避難区域の設定の見直しは必要ないとの考えをあらためて示していた。

テーマ:みんなに紹介したいこと
ジャンル:ブログ

2011.04.01 08:14|原発事故
【ワシントン時事】
米国防総省当局者は31日、福島第1原発の事故を受け、日本に派遣する放射能対策の海兵隊専門部隊について、「米軍の現場の指揮官に即応能力を提供するとともに、要請があれば支援や助言を日本の当局に行う」と述べた。同省によると、専門部隊の派遣規模は155人で、横田基地(東京都)に配置される。
 部隊は第2海兵遠征軍所属で、米東部メリーランド州インディアンヘッドの基地が拠点。生物、化学、核、放射線による攻撃や強力な爆発による被害への即応対処訓練を積んでいる。放射能汚染の除去や現場での負傷者の救出、応急医療措置を行えるとしている。

テーマ:みんなに紹介したいこと
ジャンル:ブログ

03 | 2011/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
--------------------------------------- Link --------------------------------------- ...CADWORLD... ******************************* ...古都の猫... ******************************* nekodbv6309s3.jpg ...Cat Photo... bus6686s3.jpg ...Balkan Bus Trip... bus6686s3.jpg bus6686s3.jpg bus6686s3.jpg italia-tetsudounotabi.jpg jiraimap.jpg croatia-go.jpg botan-doburovnik.jpg botan-korcula.jpg botan-budva.jpg botan-primosten.jpg botan-skodra.jpg botan-ulcinj.jpg botan-bar.jpg botan-hercegnovi.jpg botan-rovinj.jpg botan-trogir.jpg botan-split.jpg botan-piran.jpg
カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

プロフィール

cadworld

Author:cadworld
旅行が大好きで、カフェ好き、
おまけに写真も大好きなスタッフが
旅のブログを綴っていきます。
ちょっとイタリアびいきです。
旅行好きな方もそうでない方もこのブログを読んで
カフェでくつろぐように楽しめたらと思います。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード

RSSフィード

リンク